Ren-ing 天然石ジュエリー

レッドアゲートとカーネリアン


世界を巡り、旅先からインスピレーションを受けたジュエリー達を作家・加藤まゆみが手がけます。
優しさと暖かさが詰まったジュエリー達は彼女そのものを表しています。

 

Ren-ing 

日々のすべての事柄を瞬間という時間で とらえていけばどれも 現在進行形にある

連なり・・・ 流れ・・・ 進んでいく・・・

そんな日常に そっと寄り添うように色を飾る天然石たち

世界各国の街角の風景や 自然の息遣いから インスピレーションを受け

色とりどりの天然石がジュエリーへと昇華する

 

旅に出るさまざまな国々で目にした

街角の風景や 自然の息遣い

 

インドの艶やかなサリー

キューバの古惚けた街並み

フランスの厳かな空気の教会

カンボジアのたわわに実る果実

トルコの連続する模様のタイル

インドネシアの湿った熱風

ベトナムの砂埃舞う喧噪の交差点

イタリアの陽気な笑顔

タイのまぶしく輝く砂浜

 

そんなものたちからのインスピレーションで

デザインされる天然石のコスチュームジュエリー

 

 

 

Ren-ing レッドアゲートとカーネリアン

¥2,500価格
  • ●アゲート(瑪瑙/めのう)の歴史は古く、古くから富や豊作をもたらすお守りとして大切にされてきました。特に農業や農家の人々は、その年の豊作や豊穣をもたらしてくれる幸運の石だと信じていたそうです。

    アゲートは着色すると綺麗に染まる鉱物で知られていますが、古くからこの性質を人々は知っていたといいます。なぜならアゲートを着色加工した石器などが見つかっているからです。 レッドアゲートは、石器を作る段階でアゲートに熱をかけたところ、思いもしないような赤色の色彩が現れたことから偶然発見された鉱物といわれています。現在ではイオンや薬品をしみ込ませてから熱処理して、美しい赤色の着色がされています。

     

    ●カーネリアンは古代から、勇気と行動を暗示する石であるととらえられ、お守りや護符としても有力者や権力者が使ってきました。

    そのため、マホメットやナポレオンが使っていたとも言えます。カーネリアンの石言葉は、勇気・友情・連帯・喜び・落ち着き・精神バランスなどです。

    肉体的、精神的に奮い立たせ、肯定的で積極的な行動を起こさせるような暗示の石言葉を持っています。

    このように肯定的な石言葉を持つだけに、有力者だけでなく、誰にでも身に着けるといいことがありそう、というパワーストーン的にも受け止められます。

    実際、現在はパワーストーンの一種として、宝飾品としてだけでなく用いられています。自分が積極的になるためだけでなく、一種の開運グッズでもあります。また、ヒーリング効果もあるという話もあります。

    血流を良くするためではないかと言われますが、今後の科学的な研究を待つ内容です。

    いずれにしても、長い歴史のなかで、洋の東西を超えて、多くの権力者を虜にしてきた事実自体がこのカーネリアンの卓越した価値を物語っています。

    また、カーネリアンはルビーと同じく7月の誕生石とされています。さらに、4月27日の誕生日石ともされています。7月生まれの人と4月27日生まれの人には特に注目の石でしょう。