Ren-ing 天然石ジュエリー

サンゴと淡水パール(染め)


世界を巡り、旅先からインスピレーションを受けたジュエリー達を作家・加藤まゆみが手がけます。
優しさと暖かさが詰まったジュエリー達は彼女そのものを表しています。

 

Ren-ing 

日々のすべての事柄を瞬間という時間で とらえていけばどれも 現在進行形にある

連なり・・・ 流れ・・・ 進んでいく・・・

そんな日常に そっと寄り添うように色を飾る天然石たち

世界各国の街角の風景や 自然の息遣いから インスピレーションを受け

色とりどりの天然石がジュエリーへと昇華する

 

旅に出るさまざまな国々で目にした

街角の風景や 自然の息遣い

 

インドの艶やかなサリー

キューバの古惚けた街並み

フランスの厳かな空気の教会

カンボジアのたわわに実る果実

トルコの連続する模様のタイル

インドネシアの湿った熱風

ベトナムの砂埃舞う喧噪の交差点

イタリアの陽気な笑顔

タイのまぶしく輝く砂浜

 

そんなものたちからのインスピレーションで

デザインされる天然石のコスチュームジュエリー

 

 

 

Ren-ing サンゴと淡水パール(染め)

¥2,500価格
  • ●珊瑚の宝石言葉は、「確実な成長」「家長の威厳」「長寿」「聡明」「幸福」などです。
    三月の誕生日石とされており、語呂合わせ的な意味合いも込めて結婚35周年のことを珊瑚婚式ともいわれます。仏教においては七宝のひとつとも数えられています。

    また、十九歳の厄年に母から娘に贈る習慣や、産後の語呂合わせの意味や、生命力を高めると言われていることから産後の肥立ちに良いとされ、産後のご褒美として贈られることがあります。
    パワーストーンとしては、マイナス思考や緊張を取り去り、感情と心をリラックスさせて、心のバランスを回復してくれるなどの効果があるとされています。

    色にも意味合いがあり、赤は身体を強く保ち、想像力と実行力を高め、ピンクは潜在意識を開花させるとされており、白は幸せを呼び、黒は静かな安らぎを与え、気分が落ち着くとされていて、青は行動力を高めるなどの効果があるといわれています。

     

    ●パール(真珠)の石言葉は、健康、長寿、富、純潔などです。
    真珠は古来、薬としても珍重されていました。
    不老長寿のくすりという伝説が残っていたり、解毒作用があるとして粉末にして飲んだりもされていたようです。

    現在でも漢方として使われることがあるほか、コスメとしても利用されています。
    こうした歴史からも、健康や長寿といった石言葉は真珠にふさわしいものです。
    また富をもたらすとされ、これは貴重な宝石であったことがイメージとして重なります。
    ヴィクトリア朝からエドワード朝にかけてのイギリスでは上品な美しさから真珠が大変な人気を誇り、20世紀初頭の真珠の価格はダイヤモンドよりも高騰したといいます。

    さらに、安産のお守りとしても知られており、これは母なる貝の中で大切にはぐくまれて真珠が誕生することに由来しているでしょう。
    母性や清楚な美しさを高め、慈愛や上品さといった魅力を引き出し、女性を守護する石だともいわれています。