ビール純粋令を厳格に守る正統派ピルスナー

1872年創業のラーデベルガー醸造所で造られるブランドは『ラーデベルガ― ピルスナ―』のみ。当時の伝統スタイルはそのままの極上ビールとして、ドイツ人ならば誰もが知っているプレミアムビール。

ラーデベルガー醸造所のあるラーデベルグはドイツ東部のザクセン州に属し、チェコとも近い。1905年に、ザクセン王「フリードリッヒアウグスト3世」の飲み物として認定され、王室に献上されている。さらにはあの鉄血宰相オットー・フォン・ビスマルクも愛飲していたといわれる。

ビール造りに関しては、最新技術を取り入れながら、最終的には人間の感覚で醸造を行い最高品質を常に目指している。民間機関の調査では、2013年の顧客満足度で最高評価を獲得した。

1516年にバイエルンで制定されたドイツのビール純粋令を現在も守り続け、シャープなジャーマンスタイル・ピルスナーと、モルトとホップの味わいがしっかりしたチェコ発祥のボヘミアン・ピルスナーの良い点を併せ持つ。

選び抜かれたビールモルトとビターホップ、そして自社が保有する井戸水から汲み上げたピルスナーに適した軟水で、やわらかくスッキリとしたキレのある味わいに仕上げている。
モルトの味、コクと香り、苦味のバランスが良く、クリアな後味が魅力。ビール党なら一度は試してみたい。飲み頃は8~10℃くらいで。

Radeberger ラーデベルガー

¥500価格
  • タイプ:ピルスナー

    内容量:330ml

    アルコール:4.6%

    原材料:麦芽、ホップ、酵母

    産地:ドイツ