ジャングルに生息する動物たちが仲良く一同に会した絵柄です。

博多織の特徴
博多織は先染めの糸を使い、細い経糸(たていと)を多く用い、太い緯糸(よこいと)を筬で強く打ち込み、主に経糸を浮かせて柄を織り出すのが特徴。
生地に厚みや張りがあり、締めたら緩まないということで、古くは重い刀を腰に差す武士の帯として重用され、今でもその特性が活かされています。
現在では、伝統的な帯の生産だけでなく、ギフト製品やネクタイ、緞帳などの製品もその特徴を活かし、多く製造されています。
また、現在、博多織はほとんどの製品が機械織で製造され、博多織製品には博多織工業組合が発行する証紙が貼付されています。

献上柄
献上柄は、仏具の「独鈷」と「華皿」との結合と中間に縞を配した紋様です。
博多織の始祖満田弥三右衛門が考案したと言われ、現在でも博多織製品に多く織り出され、また「博多」の象徴の柄として、福岡市地下鉄の博多駅のシンボルマークなど、福岡市内のあちこちで目にすることができます。
慶長5年(1600年)黒田長政が筑前を領有するようになってからは、幕府への献上品として博多織を献上するようになりました。

財布|ミニファスナー 博多織 INORI ジャングルの動物たち

¥1,800価格
  • サイズ:W11.0×H7.0×T1.5cm

    収納:ポケット×3
    素材・成分
    絹100%
    原産国:日本

 | お問い合せ | info@creap.co | 042(659)1870 | 367-2, Nishiterakatamachi, Hachioji-shi, Tokyo, 192-0153, Japan | 東京 | 特定商取引法 |

© 2017   CREAP STORE    All rights reserved.