人々の暮らしに伝わる、幸せを呼ぶ50のおまじない

世界の風習や民俗学・神話・迷信・宗教行事などから、今も暮らしに取り入れられている幸運をもたらすおまじない「50」を美しいイラストで紹介します。
フィンランドでは夏至の夜、枕の下に7種類の花を置いて眠ると夢の中で将来のパートナーに会えるという古い言い伝えがあります。
ドイツ語圏の国ではクリスマスや新年、謝肉祭にケシの実入りのパンを食べるとお金が入ってくるといわれています。
また、モンゴルでは赤ちゃんが安眠できるように枕元にフェルトのキツネをそっと置きます。
おまじないに添えられた愛らしいイラストに心が温かくなり、本を眺めているだけで幸せな気分になる1冊です。
特別な人への贈り物にもぴったり。

【亀井英里】
1988年生まれ。兵庫県出身。武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業。
2011年よりフリーのイラストレーターとして活動開始。
動植物や空想上の生き物、人々の日々の暮らしを水彩絵の具やデジタルなど様々な手法で描く。
パターンデザインも手がけ、広告、書籍、雑貨、文具等、幅広い分野で活動中。

 

「忘れ物をしない工夫」「大学の単位をとる工夫」「二次会でカラオケに行きたくない時の工夫」「大きな穴を掘る工夫」「取り急ぎ死なない工夫」…など、古今東西老若男女の熱い工夫が詰まった一冊。

 

十人十色の工夫を通して、誰かの人生や生活、哲学まで覗けるような不思議な雑誌に仕上がっております。

小さな幸せがみつかる世界のおまじない

¥1,700価格
  • Format:B5判変形
    Size:184×184mm
    Pages:112Pages(Full Color)
    Binding:ハードカバー
    素材・成分
    著者:亀井英里
    原産国:日本

     

 | お問い合せ | info@creap.co | 042(659)1870 | 367-2, Nishiterakatamachi, Hachioji-shi, Tokyo, 192-0153, Japan | 東京 | 特定商取引法 |

© 2017   CREAP STORE    All rights reserved.