弘前市で製作され、初代・高谷金蔵が、弘前下川原の地に窯をつくり、日用品を焼くかたわら冬に人形玩具を焼いたのが始まり。
江戸時代の末期には、津軽藩領内の子どもたちの遊び玩具となりました。
赤土と砂を調合