フールス紙とは筆記用として最高級の品質で、書きやすく、にじまず、ツルツルしすぎず、ざらざらもしていない。
色も蛍光染料を一切使っておらず、目が疲れません。
特にツバメノートのフールス紙はツバメ中性紙フールスと呼ばれ、丹念に手間をかけて抄いた紙です。
製本も糸綴じなので丈夫です。かたくなに本物、良い品の追求をしているうちに今や日本のクラシックノートとして、
世界の高級ノートに比肩できるものと認められ、多くの人に愛用されています。
【ツバメノート】
重厚感のある表紙のデサインは1947年(昭和22年)から現在まで変わっていません。
むしろ現在においては、落ち着きのある格調高いデザインとして多くの人に支持されています。

ツバメノート 斜めに書く人のための まっすぐノート

¥350