伝統を継承しながらも、大胆で斬新な意匠、色など温故知新の心を大切にして作られているてぬぐいです。

 

鳥獣戯画茶の湯

京都市右京区の高山寺に伝わる、日本で最も有名な国宝の絵巻物『鳥獣人物戯画』は、日本が世界に誇る「マンガ文化」の元祖ともいえます。この名作をモチーフに、日本文化を発信する雑誌『和樂』と企画した“現代版鳥獣戯画”を作成しました。目を凝らしてみると、うさぎや猿、カエルなどのおなじみの動物たちが茶の湯を楽しんでいます。 【栂尾山高山寺認定】

 

フラミンゴ

首と足が長く、足先には水掻きを持つ水辺の鳥。アフリカからイ ンド、南アメリカにまたがって生息します。紅鶴と呼ばれるよう に、鮮やかな薄紅色の羽毛と片足を折りたたみ一本足で立つ姿が 印象的です。

 

トラ

虎は東アジアに広く生息し、日本にも一万年の昔には棲んでいたようで、時おり化石が出土します。加藤清正の逸話や、国性爺合戦の和藤内の物語など、虎は英雄と切り離せない動物です。縞の毛皮の優美さとその勇猛さから、龍とともに絵画の題材としても多く描かれています。

てぬぐい

¥1,200価格
  • サイズ:約37x98cm

    素材:綿100%

    産地:Japan

    ・伝統工芸(注染)のため、お使い始めに汗や摩擦で色が移ることがありますので、ご注意ください。
    ・お洗濯はたっぷりの水で手洗いしてください。また浸け置きはお避け下さい。